言語

トピックアイコン 質問 どの航空機でも動作しないGpws

その他
2年8ヶ月前 #760 by アアーム

私はそれがgpwsを持っていると言った航空機に5の周りにdowlaodedしかし、私はあなたがどこかに有効にする必要がある私はlanding.doときに何も聞いていないか、自動的に動作するのですか?

ログイン or してアカウントを作成 会話に参加します。

その他
2年3ヶ月前 - 2年3ヶ月前 #937 by DRCW

挽き目 FSX サウンドファイルはdllファイルを使用してアクティブ化され、64ビットバージョンはxmlを使用してそれらをアクティブ化します。 大胆な場合は、これらのファイルをxmlに変換できます。
ゲージ:dsd_fsx_xml_sound.gau
その名前は FSX、このゲージはFS2004でも機能します。 dsd_xml_sound3.gauに大きく基づいています。

Panel.cfg構文
gauge10 = dsd_fsx_xml_sound!Sound、2,2,2,2、。/ gauges / dsd_xml_sound.ini
gauge11 = dsd_fsx_xml_sound!デバッガ、420,550,600,80

ゲージ機能の最も重要な変更点は、音量設定の処理方法です。 以前のバージョンのゲージは、音量レベルを取得/設定するために0から100までの範囲を使用していました。 これをDirectSoundで使用される範囲、-10000(非常に静かなことを表す)から0(全音量を表す)に変更しました。 この変更によって既存のコードに問題が生じる場合は、変数を設定して(L:Old Volume Control)、ゲージを古い音量設定の処理方法に戻すことができます。 下記参照。

ゲージの以前のバージョンを使用したことがない人のために、それぞれの音は別々のXML L:Variable(以下LVarと呼ばれます)によって制御されます。制御変数(LVar)を対応する値に設定することによって音を制御あなたが望む行動に。 設定ファイルを使ってLVarsをサウンドに割り当てます。 “ Sound”ゲージ要素の5番目のパラメータとして、panel.cfg内の設定ファイルを指定します。上記の例を参照してください。 ゲージは、提供された構成ファイルの文字列を評価する際に、以下の方法に従います。

1 相対パスは「ドット」で始めることで指定します - 上記のサンプル構文を参照してください。 この点は、メインのFSフォルダに効果的に固定されています。 上記の例では、.iniファイルはメインのFS gaugesフォルダーにあり、dsd_xml_sound.iniという名前です。 あなたはFSゲージフォルダに限定されません、あなたはあなたが好きなフォルダを指定することができますあなたの唯一の挑戦はあなたのFSフォルダシステムであなたが指定したフォルダをエンドユーザーが持っていることを保証することです。 これは、サウンドゲージの以前のバージョンで使用されていた方法です。

2 あるいは、設定ファイルへの絶対パスを作成することもできます。 ゲージは独自のパス修飾名を検索します。 ゲージ自体の名前を削除すると、ゲージがインストールされている特定のフォルダへのパスが残ります。 このパス名に、設定ファイルの特定のフォルダとファイル名を追加します。 たとえば、私の通常のテスト機は次のフォルダにインストールされています。
D:\fsx\ Aircraft \ b777_300
ゲージをパネルフォルダにインストールし、設定ファイルを指定する:
gauge37 = dsd_fsx_xml_sound!Sound、2,2,2,2、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、\ dsd_fsx_test_sound.ini
結果として、
D:\fsx\ Aircraft \ b777_300 \ panel \ dsd_fsx_test_sound.ini - サウンドゲージを使用して、設定ファイルを航空機のパネルフォルダに配置します。
この方法では、panel.cfgパラメータ文字列の先頭に「ドット」はありませんが、文字列は/または\文字で始まります。 ゲージは/と\の文字を同等に扱います。

3。 ゲージがパラメータ文字列の先頭にドットまたはスラッシュ文字を見つけられない場合は、文字列でコロン文字 ":"を検索します。見つかった場合は、ドライブ文字を含む完全なパスを指定したものとみなします。を設定ファイルに追加し、調整せずにロードしようとします。
自分のコンピューターで個人的に使用する以外には、このアプローチはお勧めしません。 「D:\」などの構成ファイル文字列を指定するfsx\ gauges \ sound_config.ini」は、パネルを配布する場合に問題を尋ねています。 エンドユーザーがFSをインストールした場所は実際にはわかりません。

4 ゲージが「:」文字を見つけられない場合は、上記の手順2と同じ方法でパスを指定しようとしていると見なされます。 ゲージのロード元のパスに、提供されたパラメータ文字列を追加し、必要に応じてスラッシュ文字を提供します。 私のテスト用航空機の例では、パネルフォルダからゲージをロードした状態で、このような設定ファイル文字列を提供します。
gauge37 = dsd_fsx_xml_sound!サウンド、2,2,2,2、パネルサウンド\ dsd_fsx_test_sound.ini
結果として、
D:\fsx\ Aircraft \ b777_300 \ panel \ panel_sounds \ dsd_fsx_test_sound.ini

5 デフォルトの設定ファイル 構成ファイルが指定されていない場合、またはゲージが指定されたファイルを見つけることができない場合は、デフォルト名が使用されます。 ゲージは独自のパス修飾名を検索し(ユーザーまたはエンドユーザーが名前を変更した場合)、「。gau」ファイル拡張子を取り除き、「.ini」を追加します。したがって、デフォルトの設定ファイルは同じフォルダにあります。同じ基本名のゲージ。 この方法は、多くの場合、設定ファイルを指定する必要性を減らすはずです。 構成ファイルを指定しなかったためにゲージがデフォルトを使用している場合は、それ以上の面倒な操作をしなくても単純に使用されます。 ただし、指定したファイルが見つからなかったためにデフォルトが使用されている場合は、その旨を通知するWindowsのメッセージボックスが表示されます。

構成ファイルの作成
設定ファイルはいろいろなことに使われます。 これらの中で最も重要なのは、再生したいサウンドと、それらのサウンドを制御するために使用するLVarsとの間のペアリングを確立することです。 この文書の最後にあるサンプルの.iniファイルのリストを見ると、3つのセクション見出しが含まれていることがわかります。 そのうちの1つは[Sounds]というラベルが付けられ、もう1つは[LVars]というラベルが付けられます。 それぞれに番号が付けられたエントリーのリストがあります。 番号付けは、サウンドとLVar間のリンクがどのように確立されるかです。 これがエントリの番号付けに対する唯一の意味であることに注意してください。 エントリSound00のサウンドはLvar00のLVarと一致し、エントリSound01のサウンドはLvar01のLVarと一致します。

これまでに説明したように、設定ファイルでLVarsを指定する際には、裸の名前を指定するだけです。 先頭に「L:」を追加したり、末尾に「、number」を追加したりしないでください。 これは、XMLで変数にアクセスする方法とは関係ありません。C/ C ++ゲージがこれらの変数を処理する方法にのみ関係します。

設定ファイルにサウンド自体のエントリを作成している場合は、サウンドが読み込まれたときにサウンドに適用する音量を指定できます。 下記のサンプル.iniファイルの最初の2つのサウンドエントリを参照してください。 このオプションは、あなたやあなたの製品のエンドユーザーが特定の音を録音したときに大きすぎると感じる場合に便利です。 使用するボリュームを指定することができますので、ゲージ内で設定する必要はありません。 このように音量設定を指定しても、後で音量レベルを変更できなくなるわけではありません。

構成ファイルでサウンドを指定している場合、ゲージは構成ファイル名を指定するのと同じプロトコルに従ってサウンド名を指定します。 相対パス(「ドット」で始まり、FSフォルダーツリー内のフォルダーを指す)を使用することも、構成ファイルへのパスをベースとして(\または/を指定することによって)絶対パスを作成することもできます。パラメータ文字列の最初の文字、または先頭にスラッシュを付けずにフォルダとファイルを一覧表示する方法。下のサンプル.iniファイルの最初のサウンド設定を参照してください。 サウンドファイルの場所として、設定ファイルがあるフォルダー内にあるPanelSoundsというフォルダーを指定します。
ゲージは、ゲージの読み込み時に個々のサウンド名を確認しません。 ただし、Windowsのメッセージボックスを使用して、サウンドを再生しようとすると特定のサウンドが見つからないことをユーザーに通知します。

3番目のグループ[Config]の設定は後でそれぞれ見直されます。

サウンドの操作
与えられたサウンドをコントロールするには、対応するLVarをあなたが望むアクションのために以下に列挙した値に設定するだけです:
1(> L:SomeXMLControlVar、number)は、音量やパンの設定を変更せずにサウンドを1回再生します。
0(> L:SomeOtherXMLControlVar、number)は、再生中は音を止めます。
8(> L:YetAnotherXMLControlVar、number)はまず現在の音量を取得し、入力設定をパンします。 それが問題のサウンドに適用され、最後に、ループモードでサウンドの再生が開始されます。

ゲージ制御変数には、次の値を使用できます。
0 - 音を止める
1 - 既存の音量やパンの設定を変更せずに、サウンドを一度再生します。
2 - 既存の音量やパンの設定を変更せずに、サウンドをループとして再生します。
3 - 指定されたVolumeIn変数にある設定を使用して、サウンドの音量を設定します(以下を参照)。
4 - サウンドの現在の音量設定を取得し、指定されたVolumeOut変数に格納します。
5 - 指定されたPanIn変数にある設定を使用して、サウンドのパンを設定します。
6 - サウンドの現在のパン設定を取得し、指定したPanOut変数に配置します。
7 - サウンドを一度再生しますが、最初に音量を設定し、VolumeInとPanIn変数に設定されている設定にパンします。
8 - サウンドをループとして再生しますが、最初にボリュームとパンをVolumeInとPanIn変数に設定されている値に設定します。
9 - サウンドのループ状態を取得します。 再生中のサウンドがループしている場合は1を返し、サウンドが一度再生モードになっているかまったく再生されていない場合は0を返します。
10 - サウンドをアンロードします。 サウンドはゲージの終了時に自動的にアンロードされますが、サウンドファイルが大きく、終了した場合はすぐにアンロードしてメモリを再利用することができます。 このコマンドは、テスト中にも役立ちます。 パネル全体をリロードすることなく、サウンドを変更してリロードすることができます。
11 - Windowsボイスデバイスを使ってサウンドをロードします。 デフォルトでは、ゲージはサウンドの再生にWindowsサウンドデバイスを使用します。 Windowsの音声デバイス(通常は2番目のサウンドカード、またはUSBサウンドデバイス)を使用する場合は、11の値を使用して音声を再生するためのサウンドを読み込むことができます。 他のすべてのコマンドは、独自の機能を実行する前にサウンドをロードする必要がある場合、Windowsサウンドデバイス用のサウンドをロードします。 ボイスデバイスを使用したい場合は、他の操作をする前にこのコマンドを使用して最初にサウンドをロードする必要があります。 音声デバイスがサウンドデバイスと同じデバイスである場合、サウンドは利用可能なサウンドデバイスを使用してロードされます。 ユーザーのヘッドセットが存在する場合は、そのサウンドをユーザーのヘッドセットから再生したい場合は、この値を使用できます。 他のユーザーがヘッドセットを持っていない場合、ユーザーが持っているどのサウンドデバイスでも同じサウンドが再生されます。 このパッケージに含まれているユーティリティは、ゲージが使用するサウンドデバイスをユーザーが明示的に指定できるようにします。 ほとんどの場合、このユーティリティは必要ではないと思います。 Windowsのデフォルト値がFSには適していないとユーザーが感じたが、Windowsのデフォルト値を変更したくない場合にのみ必要です。
12 - 上記の11として、Windowsサウンドデバイスを使用してサウンドをロードします。

.iniファイルのConfig Sectionには、以下の項目を設定できます。 それらはすべて対応するデフォルト値で表示されます。

MaxSounds = 10
デフォルトは10ですが、最大値は1000になりました。 (はい、あなたはその権利を読んでください!)私は誰もそれを使用して見ることはできませんが、メモリは今動的に割り当てられているので、非常に上限に害はありません。 これにより、熱心なユーザーが同じパネルにゲージの複数のインスタンスをロードすることを回避できます。 私はそれが起こるのを見ました。 実際に使用するサウンドの数を最大にすると、ゲージによるCPUとメモリの両方の使用量が最小限に抑えられます。

ErrorFlag = -1
何らかのエラーが発生した場合、ゲージの制御変数はこの値に設定されます。 デフォルトは-1です。 実際のコマンド用に予約されている1から99までの範囲を除いて、任意の整数値を選択できます。 ゲージにはエラーが発生した場合に表示されるWindowsメッセージボックスがいくつか組み込まれています。 ゲージが.iniファイルで指定されたサウンドファイルを見つけられないならば、私はあなたがこれまでに見る唯一のものが起こるだろうと思います。 問題解決を容易にするために、どのファイルが見つからなかったかをユーザーに知らせます。 エラーが発生した場合、そのサウンドのコントロール変数に対するそれ以上の変更は無視されます。 他のサウンドは処理されます。

GlobalCommands = DSDGlobals
この変数を3の意味のある値に設定することができます。
1 - 現在再生中のすべてのサウンドを停止します。
2 - すべての音を消します。 音量は-10000に設定されていますが、実際に再生されるのを妨げるものではありません。
3 - 以前にミュートされたすべてのサウンドをミュート解除します。 以前に格納されたボリューム設定が復元されます。
いずれの場合も、変数は0にリセットされます。

VolumeVarIn = dsd_xml_sound_volume_in
この変数を使用して、SetVolumeコマンド(3)で使用する音量設定を指定します。 音量は、0(全音量)と-10000(100 db減衰量、聞こえない)の間の値として指定されます。実際には、約-3000(30 db減衰量)未満の設定は聞こえません。

PanVarIn = dsd_xml_sound_pan_in
この変数を使用して、SetPanコマンド(5)で使用するパン設定を指定します。 パンは、-10000(左端)と10000(右端)の間の値として指定されます。 0は中央揃えです。

VolumeVarOut = dsd_xml_sound_volume_out
この変数を使用して、GetVolumeコマンド(4)で取得したボリューム設定を受け取ります。

PanVarOut = dsd_xml_sound_pan_out
この変数を使用して、GetPanコマンド(6)で取得したパン設定を受け取ります。

LoopOut = dsd_xml_sound_loop_out
この変数を使用して、Get Looping Statusコマンド(9)で取得したループ設定を受け取ります。

VolumePlayed = dsd_volume_played
この変数は、最後のサウンド再生コマンドが発行されたときに使用された音量設定を自動的に受け取ります。 この音量レベルはもう適用されないかもしれないことに注意してください - それはSetVolumeコマンドで変更されたかもしれません。

PanPlayed = dsd_pan_played
この変数は、最後のplayコマンドが発行されたときに使用されたパン設定を自動的に受け取ります。 このパン設定はもう適用されないかもしれないことに注意してください - それはSetPanコマンドで変更されたかもしれません。

LoopPlayed = dsd_loop_played
この変数は、最後の再生コマンドが発行されたときに使用されるループ設定を自動的に受け取ります。

他のLVARS、選択できない名前:

FSSoundIsOn:
FS9と FSX、FSのサウンドがアクティブな場合、この変数は1を返し、アクティブでない場合は0を返します。 ゲージのサウンドはFSサウンドステータスに従います-FSのサウンドがオフの場合、またはシムが一時停止されている場合、ミュートされます。

古いボリュームコントロール:
設定可能です。 1に設定すると、ゲージは0から100までの古い音量範囲を使用します。100はフル音量を表し、0はフルミュートを表します。 0に設定すると、ゲージは実際のDirectSoundの範囲(完全にミュートされている場合は-10000)から0(最大の音量を表す)を使用します。 ゲージが.iniファイルの[Sounds]セクションで正の値のボリュームに遭遇した場合、古い範囲を使用したいと判断し、それに応じてこの変数を設定します。 技術的に傾いている場合、DirectSound範囲は100thのデシベル単位の減衰を表すため、-10000の値は100デシベルの減衰を表します。 一度設定された変数を変更しないでください。悪いことが起こります。

VoiceAvailable:
この変数は、別の音声デバイスが利用可能かどうかを示します。 システムにWindowsのサウンドデバイスと音声デバイスが別々にある場合は1を返し、それ以外の場合は0を返します。

FSVersionMajor、FSVersionMinor、FSVersionBuild:
これらの変数は、ゲージが実行されているFlight Simulatorのバージョンに関する詳細情報を返します。
FSVersionMajorはFS9の場合は2004を返し、FS10の場合はXNUMXを返します。 FSX。 独自のゲージでバージョン固有のコードを使用する場合に提供されます。

SimConnected:
FSX のみ。 SimConnectへのリンクが確立されている場合は1を返し、確立されていない場合は0を返します。

FSSimIsPaused:
シミュレーションが一時停止している場合は1を返し、停止していない場合は0を返します。

SoundIsMuted:
FS9と FSXゲージがそれ自身の音をミュートしている場合、この変数は1を返し、音がミュートされていない場合は0を返します。

UserMutedSounds
FS9と FSXXMLゲージがGlobalCommands変数を値1に設定してサウンドをミュートした場合、この変数は2を返します。個々のサウンドは、音量レベルを設定することでミュートを解除できますが、サウンド変数の変更でサウンドは自動的にミュート解除されませんまたは一時停止ステータス。 Global Commands変数を3に設定して、手動でミュートを解除する必要があります。サウンドがそれほどミュートされていない場合、変数の値はゼロになります。

ViewSystemStatus:
FSX のみ。 SimConnect経由で取得。
0 - 外側(スポット)のビュー。
1 - 2Dのコックピットビュー
2 - 3D VCビュー
4 - 直交(マップ)ビュー
ViewSystemMessages:
FSX のみ。 デフォルト値はゼロです。 ゼロ以外の値に設定すると、上記のViewSystemStatus値は、変更されるたびにWindowsメッセージボックスに公開されます。 明らかに、実験のためだけです。

時刻:
FS2004のみ それ以外の場合は壊れた時刻変数を返します。

例.ini:
[Sounds]セクションの最初の2つのエントリを除いて、次の例は、ユーザー指定の値がない場合、または構成ファイルがまったくない場合にゲージが使用するデフォルト値を示しています。 最初のSoundエントリは、PanelSoundsという名前のフォルダ内にあるサウンドの仕様を示しています。このフォルダは航空機のパネルフォルダ内にあります。 最初の2つのSoundエントリは、サウンドがゲージによって最初にロードされたときにサウンドに割り当てられる音量値の指定を示します。 1番目と3番目のエントリは、フォルダ内のファイルの指定を示しており、そのフォルダは設定ファイルと同じフォルダにあります。

[構成]
MaxSounds = 10
GlobalCommands = DSDGlobals
VolumeVarIn = dsd_xml_sound_volume_in
PanVarIn = dsd_xml_sound_pan_in
VolumeVarOut = dsd_xml_sound_volume_out
PanVarOut = dsd_xml_sound_pan_out
LoopOut = dsd_xml_sound_loop_out
VolumePlayed = dsd_volume_played
PanPlayed = dsd_pan_played
LoopPlayed = dsd_loop_played

[サウンド]
Sound00 = \ PanelSounds \ dsd_xml_00.wav、-1500
Sound01 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_01.wav、-2000
Sound02 =サウンド\ dsd \ dsd_xml_02.wav
Sound03 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_03.wav
Sound04 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_04.wav
Sound05 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_05.wav
Sound06 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_06.wav
Sound07 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_07.wav
Sound08 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_08.wav
Sound09 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_09.wav
Sound100 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_100.wav
Sound999 =。\サウンド\ dsd \ dsd_xml_999.wav

[LVars]
Lvar00 = dsd_fsx_sound_id_00
Lvar01 = dsd_fsx_sound_id_01
Lvar02 = dsd_fsx_sound_id_02
Lvar03 = dsd_fsx_sound_id_03
Lvar04 = dsd_fsx_sound_id_04
Lvar05 = dsd_fsx_sound_id_05
Lvar06 = dsd_fsx_sound_id_06
Lvar07 = dsd_fsx_sound_id_07
Lvar08 = dsd_fsx_sound_id_08
Lvar09 = dsd_fsx_sound_id_09
LVar100 = dsd_fsx_sound_id_100
LVar999 = dsd_fsx_sound_id_999

最後の編集:2年3月前 DRCW.

ログイン or してアカウントを作成 会話に参加します。

  • 許可されていません: 新しいトピックを作成します。
  • 許可されていません: 返信する。
  • 許可されていません: ファイルを追加します。
  • 許可されていません: あなたのメッセージを編集します。
0.154秒:ページを作成するための時間