言語

トピックアイコン FSX cfg設定の修正とヒント

もっと
4ヶ月5日前 #973 by DRCW

こんにちは再び、
新しいシマーの場合、あなたの飛行をさらに最新のものにするかもしれないいくつかの修正をまとめました(グラフィックスの賢明さ)。 最初
FSXに必要な主な修正を提供します。 FSX Steam Editionをお持ちの場合は、この最初のセクションを実行する必要はありません。
(これらの修正は、クアッドコア以上のCPUを搭載し、4ギガ以上のRAMを搭載したシステム向けです)
つまり、より現代的なシステムです。

セクション1:既知の必要な変更

まず、メインにアクセスする必要があります FSX設定ファイル ( 隠しファイルとフォルダを表示するようにウィンドウが設定されていることを確認してください )

スタート/コンピュータ/ C:/ユーザー/あなたの名前またはコンピュータ名/ Appdata / Roaming / Microsoft / FSXを選択します。

FSXフォルダを開くと、 fsx.cfg ファイルを開き、あなたの メモ帳。 これは次のようになります。

[音]
AmbientUIMusicVolume = -6.000000
SOUND_FADER1 = 0.490000
SOUND_FADER2 = 0.260000
SOUND_FADER3 = 0.260000
SOUND_FADER4 = 0.970000
AmbientUIMusic = FSX01
音= 1
SOUND_QUALITY = 2
SOUND_LOD = 0
UISound = 1
AmbientUI = 0
PrimaryDevice={DEF00000-9C6D-47ED-AAF1-4DDA8F2B5C03}
VoiceDevice={DEF00002-9C6D-47ED-AAF1-4DDA8F2B5C03}
[表示]
ChangeTime = 4.000000
TransitionTime = 4.000000
ActiveWindowTitleTextColor = 255,255,255
ActiveWindowTitleBackGroundColor = 0,28,140,64
NonActiveWindowTitleTextColor = 255,255,255
NonActiveWindowTitleBackGroundColor = 24,33,87,64
InfoUpperRightTextColor = 255,0,0
InfoUpperRightBackGroundColor = 0,0,0,0
InfoLowerLeftTextColor = 255,255,255
InfoLowerLeftBackGroundColor = 255,0,0,128
InfoLowerRightTextColor = 255,255,255
InfoLowerRightBackGroundColor = 255,0,0,128
InfoBrakesEnable = True
InfoParkingBrakesEnable = True
InfoPauseEnable = True
InfoSlewEnable = True
InfoStallEnable = True
InfoOverspeedEnable = True
BLOOM_EFFECTS = 0
SKINNED_ANIMATIONS = 1
TEXTURE_BANDWIDTH_MULT = 40
UPPER_FRAMERATE_LIMIT = 30
WideViewAspect = True
ForceFullScreenVsync = 1
[メイン]
ユーザーオブジェクト=飛行機、ヘリコプター
SimObjectPaths.0 = SimObjects \ Airplanes
SimObjectPaths.1 = SimObjects \ Rotorcraft
SimObjectPaths.2 = SimObjects \ GroundVehicles
SimObjectPaths.3 = SimObjects \ Boats
SimObjectPaths.4 = SimObjects \ Animals
SimObjectPaths.5 = SimObjects \ Misc
最大化= 1
場所= 421,0,1740,1036、\\。\ DISPLAY1
HideMenuNormal = 1
HideMenuFullscreen = 1
ProcSpeed = 6328
PerfBucket = 7
FIBER_FRAME_TIME_FRACTION = 0.33
[パネル]
IMAGE_QUALITY = 1
DEFAULT_VIEW = 0
QUICKTIPS = 1
PANEL_OPACITY = 100
PANEL_MASKING = 1
PANEL_STRETCHING = 1
UNITS_OF_MEASURE = 0

[天気]
WindshieldPrecipitationEffects = 1
MinGustTime = 10
MaxGustTime = 500
MinGustRampSpeed = 1
MaxGustRampSpeed = 200
MinVarTime = 5
MaxVarTime = 50
MinVarRampSpeed = 10
MaxVarRampSpeed = 75
TurbulenceScale = 1.000000
WeatherServerAddress = fs2k.zone.com
WeatherServerPort = 80
WeatherGraphDataInDialog = 0
AdjustForMagVarInDialog = 1
DynamicWeather = 2
DownloadWindsAloft = 0
DisableTurbulence = 0
CLOUD_DRAW_DISTANCE = 6
DETAILED_CLOUDS = 1
CLOUD_COVERAGE_DENSITY = 8
THERMAL_VISUALS = 0
[DISPLAY.Device.AMD Radeon R9 200シリーズ.0]
モード= 1920x1080x32
異方性= 1
[規制]
Controls_Default =標準
Controls_Current =標準
KBDAIL = 64
KBDELEV = 64
KBDRUD = 64
[TextInfo.1]
Latitude = 1,1
経度= 1,2
高度= 1,3
見出し= 1,4
AirSpeed = 1,5
WindDirectionAndSpeed = 1,6
[TextInfo.2]
FrameRate = 1,1
LockedFrameRate = 1,2
GForce = 1,3
FuelPercentage = 1,4
[TextInfo.3]
Latitude = 1,1
経度= 1,2
高度= 1,3
見出し= 1,4
AirSpeed = 1,5
WindDirectionAndSpeed = 1,6
FrameRate = 2,1
LockedFrameRate = 2,2
GForce = 2,3
FuelPercentage = 2,4
[SlewTextInfo.1]
Latitude = 1,1
経度= 1,2
高度= 1,3
見出し= 1,4
AirSpeed = 1,5
[SlewTextInfo.2]
FrameRate = 1,1
LockedFrameRate = 1,2
[SlewTextInfo.3]
Latitude = 1,1
経度= 1,2
高度= 1,3
見出し= 1,4
AirSpeed = 1,5
FrameRate = 2,1
LockedFrameRate = 2,2
[DynamicHeadMovement]
LonAccelOnHeadLon = -0.020000
LonAccelOnHeadPitch = -0.010000
RollAccelOnHeadLat = 0.010000
YawAccelOnHeadLat = -0.100000
RollAccelOnHeadRoll = 0.100000
MaxHeadAngle = 5.000000
MaxHeadOffset = 0.300000
HeadMoveTimeConstant = 1.000000
[VirtualCopilot]
VirtualCopilotActive = 1
[グラフィック]
SHADER_CACHE_PRIMED = 1693500672
TEXTURE_MAX_LOAD = 4096
NUM_LIGHTS = 8
AIRCRAFT_SHADOWS = 0
AIRCRAFT_REFLECTIONS = 1
COCKPIT_HIGH_LOD = 1
LANDING_LIGHTS = 1
AC_SELF_SHADOW = 0
EFFECTS_QUALITY = 1
GROUND_SHADOWS = 0
TEXTURE_QUALITY = 3
IMAGE_QUALITY = 0
See_Self = 1
Text_Scroll = 1
SHADER_CACHE_PRIMED_10 = 1693500672
D3D10 = 0
HIGHMEMFIX = 1
[BUFFERPOOLS]
プールサイズ= 0
[ユーザーインターフェース]
PageID = 1
OpenATCOnCreate = 0
SHOW_MISSION_CAPTIONS = 0
PAUSE_ON_LOST_FOCUS = 0
PROMPT_ON_EXIT = 1
状況= C:\ Users \ Darrin \ Documents \ Flight Simulator Xファイル\ 737
Map_Orientation = 2
ShowAllACPaintSchemes = 1
SelectAircraftManufacturer =すべて
SelectAircraftPublisher =すべて
SelectAircraftType =すべて
DisplayFuelAsWeight = 0
[ATC]
ShowATCText = 1
COMM_MSG_NONE_COLOR = FFFFFFFF
COMM_MSG_ATC_USER_COLOR = FFB6FFB6
COMM_MSG_USER_ATC_COLOR = FFFFD21B
COMM_MSG_ATC_AI_COLOR = FF00FF00
COMM_MSG_AI_ATC_COLOR = FFFF7840
AutoOpenAirTrafficWindow = 1
UsePilotVoice = 1
PilotVoice = 262144
[PointOfInterestSystem]
CycleSetting = 0
[風景]
LENSFLARE = 0
DAWN_DUSK_SMOOTHING = 1
IMAGE_COMPLEXITY = 5
[TrafficManager]
AirlineDensity = 25
GADensity = 0
FreewayDensity = 33
ShipsAndFerriesDensity = 0
LeisureBoatsDensity = 0
IFROnly = 0
AIRPORT_SCENERY_DENSITY = 0
[地形]
LOD_RADIUS = 6.500000
MESH_COMPLEXITY = 30
MESH_RESOLUTION = 22
TEXTURE_RESOLUTION = 25
AUTOGEN_DENSITY = 0
DETAIL_TEXTURE = 0
WATER_EFFECTS = 4
[AContain]
ShowLabels = 1
ShowUserLabel = 0
ShowLabelManufacturer = 1
ShowLabelModel = 1
ShowLabelTailNumber = 0
ShowLabelDistance = 1
ShowLabelAltitude = 1
ShowLabelAirline = 0
ShowLabelAirlineAndFlightNumber = 0
ShowLabelFlightPlan = 0
ShowLabelContainerId = 0
ShowLabelAirspeed = 0
ShowLabelHeading = 0
LabelDelay = 1000
LabelColor = FFFF0000
[国際]
ASLAT = 2
ASLON = 1
MEASURE = 0
[リアリズム]
PFactor = 0.000000
トルク= 0.000000
GyroEffect = 0.000000
CrashTolerance = 1.000000
一般= 0.000000
UnlimitedFuel = False
TrueAirspeed = True
AutoCoord = True
RealMixture = False
StressDamage = True
GEffect = True
ManualLights = False
GyroDrift = False
CrashWithDyn = False
CrashDetection = True
AutoTrim = False
AllowEngineDamage = False
[SIM]
SYSCLOCK = 1
[起動]
DEMO = 0
SHOW_OPENING_SCREEN = 1
STARTUP_DEMO =
LoadWindow = 1
[JobScheduler]
AffinityMask = 14
[施設]
COUNTRY =
状態=アイダホ州
都市=ツインフォールズ
GTL_BUTTON = 1365
[その他]
Com_Rate = 7
[AccelerationPack]
ControlsFirstRun = 0
HomePageFirstRun = 0
[信頼できる]
D:\ FSX \ GAUGES \ Cessna.DLL.ortccozanotwarobnaqerloiorbuznahzlzzwcnl = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ Cessna172.DLL.naewwuikittlereqluuonlneoouooozhwobobcrz = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ Cessna182s.DLL.okttluckozcebonulharaezuuzqelekriuqoktqn = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ CessnaWAlpha.DLL.uwzrzqknbnziuoroqrwcawqqzzutqaqbwtacbnut = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ Bendix_King_Radio.DLL.ohiihwotoaienqbbhrtriacwlbweahnakwbzoqeq = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ Bell_206B.DLL.lwnkkonlzbbbubelelbaqzquotquahlqawetc = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ KingAir.DLL.eznhiwiiqzcrhnahwawoeiwueloarklwubhtkhto = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_01_gate.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_02_airport.GAU.lchaaiubububoorirkqtqizwolqetqqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_03_muzak1.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_04_muzak2.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_05_muzak3.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_06_turbulence on.GAU.bcinqoaarbwutthknnhtqauewekaekubiibzcncu = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_07_turbulence off.GAU.bcinqoaarbwutthknnhtqauewekaekubiibzcncu = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_08_gate出発.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_09_pushback.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_10_safety message.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_11_safety video.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_12_takeoff.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_13_climb.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_14_cruise.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_15_mealサービス.GAU.lchaaiubububoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_16_movie.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_17_begin降下.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_18_onアプローチ.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_19_on final.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_20_taxiからgate.GAU.lchaaiubzzoorikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ FDSFX_21_gate到着.GAU.lchaaiubzzubourikqtqizriolcetkrqbwtqqcniba = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ RKG_speed.GAU.orrqnqbllqeioklarhwiooreqhihuwkzohbcnown = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ RKG_Fuelstat.GAU.btqcbehkrbuztkazkrazcahuiarnakkairnnwkci = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ 737-400.DLL.rtrtoezzwweweewewheeeukzblbeckzrlzuqw = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ Mooney_Bravo.DLL.kbzroatzbklthieauthlzqzchutqhiiczebcwbuc = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ GPWS_Sound.GAU.aqrreuwiutqzttebzkrqncewurhnactlnwktwrbi = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ squeaking brakes_Sound.GAU.aqrreuwiutqztbbkrqncewurhnactlnwktwrbi = 2
D:\ FSX \ GAUGES \ DSD_F​​SX_XML_Sound.GAU.bzlabaleluiiqequhotbbtuwbznoabaqhizrukuc = 2
[RWW_WEATHER_MAP]
SHOW_AIRPORTS = 0
SHOW_VORS = 0
SHOW_NDBS = 0
SHOW_APPROACHES = 0
SHOW_INTERSECTIONS = 0
SHOW_VICTOR = 0
SHOW_JET = 0
SHOW_AIRSPACE = 0
SHOW_FLIGHTPLAN = 1
SHOW_WEATHERSTATIONS = 1
SHOW_WEATHERSYSTEMS = 1
SHOW_DATATAGS = 1
SHOW_TERRAIN = 1
[WeatherMap]
SHOW_AIRPORTS = 0
SHOW_VORS = 0
SHOW_NDBS = 0
SHOW_APPROACHES = 0
SHOW_INTERSECTIONS = 0
SHOW_VICTOR = 0
SHOW_JET = 0
SHOW_AIRSPACE = 0
SHOW_FLIGHTPLAN = 1
SHOW_WEATHERSTATIONS = 1
SHOW_WEATHERSYSTEMS = 1
SHOW_DATATAGS = 1
SHOW_TERRAIN = 1
[MAPVIEW_MAP]
SHOW_AIRPORTS = 1
SHOW_VORS = 1
SHOW_NDBS = 1
SHOW_APPROACHES = 1
SHOW_INTERSECTIONS = 0
SHOW_VICTOR = 0
SHOW_JET = 0
SHOW_AIRSPACE = 1
SHOW_FLIGHTPLAN = 1
SHOW_WEATHERSTATIONS = 1
SHOW_WEATHERSYSTEMS = 1
SHOW_DATATAGS = 1
SHOW_TERRAIN = 1
show_flight_history = 1
[FlightPlanMap]
LineWidth = 2
SHOW_AIRPORTS = 1
SHOW_VORS = 1
SHOW_NDBS = 1
SHOW_APPROACHES = 1
SHOW_INTERSECTIONS = 1
SHOW_VICTOR = 0
SHOW_JET = 0
SHOW_AIRSPACE = 1
SHOW_FLIGHTPLAN = 1
SHOW_WEATHERSTATIONS = 1
SHOW_WEATHERSYSTEMS = 1
SHOW_DATATAGS = 1
SHOW_TERRAIN = 1
show_waypoints = 1
show_airways = 1
show_markers = 1
show_volume_boundaries = 1
show_ac_twr = 1
[マルチプレイヤー]
condAccoutPassword = 0
VoiceVolume = 1.940000

私たちは表示セクションから始めます。 液晶モニタまたはワイドスクリーンを使用している場合は、[表示]セクションにある次のものを変更することをお勧めします。

WideViewAspect = False


FalseをTrueに変更する

一番下の [グラフィック] セクションに以下を追加します:

HIGHMEMFIX = 1

HIGHMEMFIX = 1は、FSXがVAS(Virtual Address Space)上でtp 4 gigを実行できるようにするために最も重要です。アドオンの風景や航空機を使用している場合、または
自家発電機や他のスライダーは右に難しい。 設定ファイルのこの追加された行は、OOMの( メモリ不足エラー )FSXで一般的なものです。 スチーム
エディションには既定でこの変更が既に含まれています。

私はあなたもダウンロードをお勧めします プロセスエクスプローラ at www.sysinternals.com 。 このツールは、飛行中にVASの使用状況を監視し理解するのに役立ちます
FSXがシステムリソースをどのように管理しているかを確認することができます。 それは単に VS ( 仮想空間 )CPUとRAMの使用状況も表示されます。
このプロセスを理解することで、あなたの最終的なアプローチで10時間飛行を行った後、恐ろしいOOMを起こさずに、長いフライトのFSXをセットアップするのに役立ちます。
私たちは皆、64ビット版のフライトシミュレータを見たいと思っていますが、それまで4のVASが最高のものでした。

また、 b]グラフィック[/ b セクションは次の行です:

TEXTURE_MAX_LOAD = 1024
2048または4096に変更する

デフォルトでは、FSXはHigh Definitionではない標準として1024に設定されています。 このようにして、あなたのワイドスクリーンモニタでHDグラフィックスを実際に楽しむことはできません。 いくつかの航空機
あなたがこの行を4096に設定していない限り、ダウンロード(payware)はそれを表示しません。 Steam Editionは、デフォルトで既に4096にプリセットされています。 あなたはできる
まだHDである2048を試してみてください。 それはあなたに依存しますfps(フレーム/秒) 注:FSXで設定(スライダ)を変更する場合は、この1行をリセットする必要があります
デフォルトの1024に戻ります。


上記は一般的なルールです。 上記の3を変更して、通常飛行しているエリアを短時間飛行した後、FSXを起動する必要があります。 私はあなたが
変更します。

セクション2:ぼやけた風景の一般的な修正。

次の各変更の後にFSXを実行することをお勧めします.fpsに問題がある場合は、プログラムを閉じて、デフォルトに戻すことができます。 それは本当に
FSXを実行しているシステムによって異なります。 私は8のコアプロセッサに2の高解像度のグラフィックカードを搭載しています.Firewireと16の高性能RAMを搭載しています。

以下は www.simforums.com/forums/new-twea...25507.html

微調整#1 - ファイバーフレーム分数
このようなぼかしの原因を減らすために、MicrosoftはFlight Simulator XスケジューラがFSXのバックグラウンドタスクをどのように優先させるかを修正しました。 今はるかに多くのCPU時間が
幾分低いフレームレートを犠牲にして地形テクスチャを含む風景データをロードすることに専念している。 私の意見では、この変更は主に
風景ローダーは非常に低いフレームレート(10 fps未満)または非常に速いスピード(600ノットよりも速い)で後退する可能性があります。 がある
風景やテクスチャの読み込みにCPUが費やす時間を調整するいくつかの方法があります。 最も簡単な方法は、ターゲットフレームレートスライダを、
マシンは一貫して達成することができます。 スライダを低く設定するほど、CPU時間がレンダリングからデータの読み込みに回されます。 あなたが行うことができるもう一つのことは、
FSX.CFGの次の変数:

FIBER_FRAME_TIME_FRACTIONは、プライマリスレッドでファイバ・ジョブを実行するフレームあたりの最大時間を決定します。 シミュレートとレンダリングにどれくらい時間がかかっているかを測定し、FIBER_FRAME_TIME_FRACTIONでその時間を掛けて、ファイバを実行する時間を決定します。 たとえば、シミュレートとレンダリングに10ミリ秒かかる場合、FIBER_FRAME_TIME_FRACTIONがデフォルト値の0.33に設定されていれば、プライマリスレッド上のファイバーを10 * 0.33 = 3.3ミリ秒まで実行できます。 1.0と2.0の分数値の場合、ファイバに与えられる時間は、それぞれ10ミリ秒と20ミリ秒になります。

FIBER_FRAME_TIME_FRACTION = n
[n = 0.01 - 0.99]クアッドコア以上のシステムでは、0.70

マルチコアマシンの場合、上記は必要ないと言われているので、デフォルトは0.33です。 私はとにかくそれを試して、それが本当に私の助けになったことがわかった。 すべてのシステムは、ハードウェアとソフトウェアの組み合わせによって異なります。 したがって、個々のシステムで最適な設定を行う必要があります。 非常に多くの要素が適用されます。 私は1つの本がすべての解決策に適合していると言うことができることを望みますが、そうではありません。 システムのFPS(フレーム/秒)に問題がある場合は、まずスライダをマシンが一貫して動作している場所に設定し、そこに保持することで問題を解決することをお勧めします。 密な環境でマシンをテストし、20 fpsを維持しようとします。 一時的にfpsリミッターを無制限に設定し、FSXをペースで実行してから、30fpsに戻します(レートの半分またはモニターのリフレッシュレート)。ハードコアをシミュレートすることを考えている場合は、行く道。 あなた自身のシステムを構築することで、$$$のロットを節約できます。


の中に b]テラーン[/ b セクションは次のとおりです。

LOD_RADIUS = 4.500000
6.500000から7.500000まで変更する

上記の設定は、FSXが風景(鮮明度)を描画する距離を決定し、TIME_FRAME_TIME_FRACTIONで機能します。
このラインを変更すると、飛行機からさらに遠くにフォーカスが移動します。 (VASの使用量も少し増えることに注意してください)

[地形]セクション


DETAIL_TEXTURE = 0
これがDETAIL_TEXTURE = 1に設定されていることを確認してください

これは、写真の風景のユーザーにとってすぐに役立ちます。 グラウンドレベルでの芝生上のテクスチャがはるかによく見え、空を見下ろす目のキャンデー全体では大幅な改善が見られます。



セクション3:FSXから負荷を取り除くのを助ける。 HDグラフィックスカードでCPUの作業を行うことで、グラフィックスをさらに手助けすることができます。
ここにいくつかの役に立つビデオがあります:



次のビデオはFlight Sim Addictのもので、多くの修正点も知っています。 私は彼がREXチームのメンバーでもあると思います。



私はMegasceneryとBlue Skyを使用しています。 これが私がFSX専用の2 TB HDを持っている理由です。 私はオートゲンを心配する必要はありませんが、シャープネスに関しては、低レベルの飛行では写真の風景が難しいことがあります。 私は500フィートで上記の調整を使用してシャープネスを改善し、離陸と着陸をより現実的にしました。
自信を持たない写真風景の主な利点は、VASの使用状況が10の増加とともに改善され、飛行している場所の真実の描写はもちろんのことです。 真剣な64ビットプラットフォームがリリースされるまで、プログラムのクラッシュを防ぐためのバランスのとれた行動が常に存在します。 FSXを楽しく安定したプラットフォームにするためには、賢明な管理とマシンの理解が重要です。

これがパフォーマンスに役立ち、FSXをより現代的なプログラムにしてくれることを願っています。

お願いします ログイン or アカウントを作成する 会話に参加します。

  • 許可されていません: 新しいトピックを作成します。
  • 許可されていません: 返信する。
  • 許可されていません: 添付を追加します。
  • 許可されていません: あなたのメッセージを編集します。
モデレーター: Gh0stRider203
0.151秒:ページを作成するための時間
言語